「ここにいたんだ」

まるで「宇宙兄弟」のセリフのようだが、初めて貴美さんにお会いした時、その言葉が体内から浮上し、勝手に胸が熱くなった。

貴美さんとはある企業の研修で出逢った。午前担当の我々はワールドカフェとコーチング。午後は貴美さんによるアートを描くワーク。所以あって、午後もオブザーブさせて頂いたら、アプローチもアプリケーションも全然違うのに、目指すもの、どんな社会になって欲しいと願っているのか、使う言葉、大事にしているもの、全てがシンクロして驚いた。ここにも仲間がいたんだ、っていう感覚。そしてシンクロするだけではなく、自分の枠も引き出しもぐっと拡げてもらった感触があって、嗚呼そうか・・って。その目に見えない感覚を大切に持ち帰った。

今日は、オフィスに遊びにいって、共同経営者でアーティストの邦さんともたっぷりお話。邦さんのアトリエには、JUKIのミシンがあて、布で作品を創っていた。墨絵と言葉のコラボレーションの中に私が直感で気に入ったものがあった。お二人のインタビューを通して、お二人のすっかりファンになった。

大学で美学を学んで依頼、専ら個人として鑑賞して感じたり、自分と対話したり・・という付き合いを続けてきたが、まさか自分の仕事と繋がる日がくるとは思わなかった。「アートはコミュニケーションなんだ 」by 邦さん

アートとコーチング。新しい繋がりは、また新たな可能性の拡がりを産む。

お二人の会社サイトはこちら

http://www.whiteship.net